有限会社 南々社
〒732-0048 広島市東区山根町27-2
TEL:082-261-8243 FAX:082-261-8647
病院紹介本、名医本(医療評価ガイド)、広島ご当地本、カープ関連本、温泉評価本、山歩き本、瀬戸内海本、自費出版

勉強2

「勉強のやる気を出させるには」
――大反響の前著『勉強』(5刷)、第2弾!

●勉強について悩む人たちのための「勉強法の極意・第2弾」。


●「どうすれば子供に勉強のやる気を出させることができるか?」「集中力・記憶力を上げるにはどうすればよいか?」「家でどのようにして子供に勉強を教えればよいか?」「なぜ勉強しなければならないのか?」など。


●前著『勉強』刊行後に多数の依頼があった新聞取材・ラジオ出演・講演会等での、生徒・保護者・教師などからの質問・疑問に対する回答を多数収録。


●ほぼ全学年・全教科、15年間で約2000人の生徒に教えてきた元カリスマ講師。IT企業での大学受験対策の映像授業を無料配信したりするなど、他の教師にはあまりない特徴。前著『勉強』を読んでいなくても簡単に内容を理解できる一冊。



(もくじ)

はじめに


第一章/勉強の「やる気」に関する質問
Q1「どうすれば子供に勉強のやる気を出させることができるか?」(保護者・教師から多数)
Q2「なぜ勉強しなければならないのか?」(生徒から)



第二章/効果的な勉強法に関する質問
Q3「前著『勉強』で勉強法の極意とされていた物事の具体化と抽象化の繰り返しの小学生向けの例はどのようなものか?」(保護者から)
Q4「記憶力を上げるにはどうすればよいか?」(生徒・保護者・教師から多数)
Q5「集中力を上げるにはどうすればよいか?」(生徒・保護者から多数)
Q6「読書の習慣を身につけさせるにはどうすればよいか?」(保護者・教師から)



第三章/教科ごとの勉強法に関する質問
Q7「英単語は意味のない文字の羅列で覚えにくいが覚えるにはどうすればよいか?」(保護者から)
Q8「英単語も文法も覚えている生徒がめちゃくちゃな英作文をするのはどうすればよいか?」(教師から)
Q9「英語の教育制度が今後向かおうとしている方向に納得がいかないのはどうすればよいか?」(保護者から)
Q10「国語力をつけるにはどうすればよいか?」(教師から)



第四章/家庭で子供に勉強を教える方法に関する質問
Q11「家でどのようにして子供に勉強を教えればよいか?」(保護者から多数)
Q12「子供が小学生になった時に勉強を意欲的に行うようになるために保護者がそれまでにできることは何か?」(保護者から)



第五章/受験に関する質問
Q13「よい塾を選ぶにはどのようにすればよいか?」(生徒・保護者から)
Q14「夏休みにどのように勉強すればよいか?」(新聞社からの取材)
Q15「受験をする子供に対してどう接すればよいか?」(保護者から)
Q16「子供が第一志望の学校を受験したら補欠合格で最終的に不合格になり、第二志望の学校に行くことになったのを受け入れきれないでいるのをどうすればよいか?」(保護者から)



第六章/勉強の未来に関する質問
Q17「AIが人間と同じことができるようになったら人間は勉強する必要がなくなるか?」(教師から)
Q18「これからの勉強はどうあるべきか?」(保護者・教師から)


おわりに


付録1/秋山夕日お薦めブックリスト(教科別)
「高校生のときに読むとすごく良い本」
「高校生にお薦めの新書」


付録2/秋山夕日最新短編小説 『干支(yet)順決定レース』



(著者略歴)※本書プロフィールより
あきやま・ゆうひ。大阪府生まれ。ラ・サール中学校、ラ・サール高校、東京大学文学部を卒業。広島で塾講師・予備校講師、エス株式会社(現ラクサス・テクノロジーズ株式会社)総合戦略室長、フリーの家庭教師として15年間、生徒に勉強を教え続ける。キャリアを通じて教える教科と教える学年を広げ続け、最終的には高校理科を除く全ての教科を小学生・中学生・高校生・浪人生に一人で教える教師に。現在は詩人・作家。趣味は読書・ギター・数学。数理社会学会会員。著書に『勉強』(南々社)。前著の反響により、各メディア取材や書店での読書案内フェア、講演会等の依頼多数。






秋山夕日 著
2019年4月1日発売
定価1000円+税
新書判・160ページ
販売価格 1,080円(税80円)

  

カテゴリーから探す