有限会社 南々社
〒732-0048 広島市東区山根町27-2
TEL:082-261-8243 FAX:082-261-8647
病院紹介本、名医本(医療評価ガイド)、広島ご当地本、カープ関連本、温泉評価本、山歩き本、瀬戸内海本、自費出版

瀬戸内海事典

●2007年11月23日発売



瀬戸内海の特性を明らかにし、従来の瀬戸内海像を問い直すとともに、未来の指針となる事典
地中海との比較など、世界的視点から瀬戸内海を評価


<読者対象>
小学生高学年以上を対象に、観光・歴史など新発見の瀬戸内海案内書
地域・自然・歴史・産業・食文化・民俗・観光などの研究者
全国自治体、小中高・大学の図書館
観光関連事業者 ・国・自治体の観光・地域振興部局

●特色
瀬戸内圏の自然・文化の共通性を紹介するとともに異質な要素も際立たせ、地域振興やふるさと学習の素材として活用できるよう編集。
生活文化に軸足を置いて、素顔の瀬戸内を浮き彫りにする。
瀬戸内海の特質をより鮮明にするため、おなじ閉鎖性海域の地中海と比較。

●項目
体系的に理解できるよう、五十音別ではなく、テーマ別に編集。 読み物として親しめる。

主な内容は――
瀬戸内海の生い立ちや特色・魚介類、瀬戸内の地質・気象・植物、瀬戸内の風土とくらし、旅の歴史、たべもの、建造物、 祭り・芸能、信仰、女性のはたらき、方言、地名、文学、島を歩く、農業・漁業・工業、海と陸の交通史、関門と瀬戸内海、地中海と瀬戸内海
●執筆者、資料
執筆については、各分野の専門家88人の協力を得た。
全執筆者の略歴を記載、メディアの取材や行政に活用できる。
ジャンル横断の年表を添付、瀬戸内のあゆみを多面的に把握できる。

●索引
約3000項目。
身近な地域情報を入り口に、瀬戸内全般に興味が広がるよう、きめ細かく掲載。
読者の利便に配慮して、平成の大合併前の旧地名も挙げた。
平易な表現を心がけ、ふりがなや注、参考文献などを付けた

編集委員/
北川建次・関 太郎・盒供♀漫 印南敏秀・佐竹 昭・町 博光・三浦正幸
A5判 総ページ608ページ 口絵カラー16ページ 本文592ページ
定価3800円+税
販売価格 4,104円(税304円)

  

カテゴリーから探す