図書出版 南々社
〒732-0048 広島市東区山根町27-2
TEL:082-261-8243 FAX:082-261-8647
病院紹介本、名医本(医療評価ガイド)、広島ご当地本、カープ関連本、温泉評価本、山歩き本、瀬戸内海、自費出版

韓国よ、咲き誇れ!
―「反日病」につける薬



(内容)
病院・介護施設などを運営する医療法人社団八千代会の理事長・
姜仁秀氏と日中韓で著書90冊を超える比較文化学者・金文学氏。
コスモポリタンとしての「在日」の視点から
韓国、韓国人、日韓関係などについての談論を展開。
「在日」だからこそ言える、「反日病」につける良薬となる一冊。
金文学氏によるイラストも多数掲載。

(目次)
第一章 「在日」だから言える
    ―韓国に愛をこめて
第二章 韓国人はどんな民族なのか
    ―韓国国民性論の系譜
第三章 韓国、自滅に向かうのか
    ―歯がゆい国、韓国の現状
第四章 「反日」と決別せよ!
    ―日本を歪曲するのは韓国の歪曲
第五章 「韓国病」の構造を解剖する
    ―これらの構造的欠陥をなおしてほしい
第六章 「日韓関係新思考」の提言
    ―「歴史の忘却」の大知恵
第七章 韓国よ、咲き誇れ!
    ―いま「民族改造」こそ再生の希望だ
第八章 在日同胞に告ぐ!
    ―在日同胞へのメッセージ
第九章 東アジア知性共和国
    ―東アジア共同体への土台をこうつくる

(プロフィール)
●姜 仁秀(カン・インス)
1944年山口県宇部市生まれ、在日韓国人2世。現在、医療法人社団 八千代会(病院、介護施設等11施設)の理事長を務める。在日世界韓人商工人連合会 顧問、広島県日韓親善協会 副会長を務める傍ら、NPO法人広島国際交流センター 理事長、NPO法人東アジア児童基金会 理事長、西広島日韓親善協会 会長として、多文化共生社会の実現に寄与している。

●金 文学(きん・ぶんがく)
比較文化学者、文明批評家、日中韓国際文化研究院長。1962年、中国の瀋陽で韓国系中国人3世として生まれる。1985年、東北師範大学外国語学部日本語科卒業。1991年に来日し、同志社大学大学院、京都大学大学院を経て、2001年、広島大学大学院博士課程修了。広島文化学園大学、福山大学、安田女子大学などで教鞭をとる。現在は日本に帰化し、日中韓3国で執筆・講演活動を行う。「東アジアの鬼才」と呼ばれる。

姜 仁秀、金 文学 著
●2020年11月9日発売
A5判 304ページ 
定価1600円+税
販売価格 1,760円(税160円)

  

カテゴリーから探す