図書出版 南々社
〒732-0048 広島市東区山根町27-2
TEL:082-261-8243 FAX:082-261-8647
病院紹介本、名医本(医療評価ガイド)、広島ご当地本、カープ関連本、温泉評価本、山歩き本、瀬戸内海、自費出版

帯状疱疹後神経痛を治す 新経絡治療で痛みを改善

帯状疱疹後神経痛で悩んでいる方へ


■新経絡治療――患部の血流を改善して神経痛を改善させる方法



新経絡治療は、経絡というツボのネットワークを刺激し、
全身のエネルギーの流れを調整し、疼痛、免疫異常、自律神経障害などの治療を行います。
患部に対応した手や足のツボを「押し棒」で刺激するもので、
患者さんの体への負担は、小さく、低コストで、鎮痛効果が高い優れた治療法です。

帯状疱疹後神経痛を発症すると「ヒリヒリ、ズキズキ、灼熱的、間欠的」などで、
眠れないほどの激痛が長期間に渡り続く人もいます。

著者は40年に渡り、新しい体系の経絡治療「新経絡治療」で腰痛、
頚肩腕障害(けいけんわんしょうがい)など慢性疼痛の治療に携わってきた医師です。
およそ3千件に及ぶ疼痛治療の経験をもとに難治性の「帯状疱疹後神経痛」の治療について
症例や実際の治療方法などを図やイラストを使って紹介しています。

日本新経路医学会長
友和クリニック院長
宇土 博 著
●2022年8月2日発売
定価1400円+税
四六判 176ページ
販売価格 1,540円(税140円)

  

カテゴリーから探す